【超入門】アドラー心理学とは?基礎から実践までを徹底解説!

夕日の画像

アドラー心理学は「自分のライフスタイル(性格、生き方、人生などの意味)はいつでも変えられる」との考えから、自分を変える思考法を研究した哲学です。

自分の人生を創っているのは自分の選択なので、その傾向を知ることで自らの在り方を変えることを目的としています。

アルフレッド・アドラーについて

アルフレッド・アドラー(1870~1937年)は、実はフロイトやユングと並ぶ心理学の三大巨頭の1人です。しかし、論文や著書が少なかったり、弟子を組織化しなかったりしたことから、他の2人と比べるとあまり名が知られていません。

近年、「嫌われる勇気」などのアドラー心理学に関する著書がヒットしたため、だいぶ認知されるようになりました。

アドラーは「自己啓発の父」ともいわれており、自分自身について知ることで自分を変えることを重視しています。そのため、コーチングやコンサルティングなどビジネスにおいても多く使われているのです。

劣等感

アドラーは「人間は誰でも劣等感を持っている」として、重要視しています。そのため、劣等感そのものが悪いわけではありません。劣等感をどうとらえるか、どう使うかが重要だと考えるのです。

アドラー心理学では、劣等性・劣等感・劣等コンプレックスを明確に分けています。

劣等性・劣等感・劣等コンプレックスの違い

  • 劣等性:客観的にみてわかる事実
  • 劣等感:自分が「劣っている」と主観的に感じていること
  • 劣等コンプレックス:劣等感を理由に、努力から逃げること

劣等感ではなく、劣等コンプレックスを持つことを良しとしません。

さて、あなたが持っているのはどれ?

目的論

アドラー心理学は「トラウマ存在しない」というフレーズでも有名です。

アドラー心理学では「過去のできごとが今の自分を決めているのではなく、自分が達成したい目的のためにあらゆるものを利用し、決断しているだけだ」と考えます。

つまり、過去のできごとを「トラウマだ。怖い」と言うことで成し遂げたい何かしらの目的があるのだと考えるわけです。

アドラーによれば、「人生は全て自分の選択・決断でできている」のです。

対人関係①課題の分離

人間関係の悩みの大部分は「課題の分離」ができていないことにあります。課題の分離ができていないとは、他者の問題に関わりすぎてしまうことを言います。

要するに、自分が考えなくてもいいことに首を突っ込みすぎて辛い思いをしてるだけ。

だから、本当に自分が考えるべき問題と他人の問題を分けることが重要なのです。

対人関係②共同体感覚と勇気

勇気を出して飛び出すヒト

共同体感覚とは「他人を喜ばせることに喜びを感じる心」のこと。自分が所属集団の一部であり、仲間に貢献できる力があると思えることです。

また、勇気とは「自分がピンチなときにも相手のことを考えられる力」のことをいいます。

社会に対して「貢献できている」と感じているからこそ、より勇気が生まれ、より高いパフォーマンスを発揮できるのです。

つまり、アドラー心理学でいう「認める」とは「無条件で存在を許し、居場所をつくる」ことなのです。

まとめ

アドラー心理学は、心理学というよりも哲学に近いと言われています。そのためか、実践においては非常に誤解されやすいため注意が必要です。

また、アドラーの時代には発達障害やうつ病といった概念がなかったため考慮されていません。

アドラー心理学を用いたカウンセリングは有効ではありますが、彼らを責めたり傷つけたりしてしまう恐れがあるので注意しましょう。

アドラー心理学に関する書籍の購入はコチラから👇