ヘルプマークとは?どこでもらえて、どうやって使う?

手をつないでいる画像

みなさんは「ヘルプマーク」というものをご存じでしょうか?

ヘルプマーク 東京都福祉保健局
東京都福祉保健局より

これです!街中でもつけている人をたま~に見かけますね。

けれども、ヘルプマークの意味をちゃんと知っている人は少ないのではないでしょうか。

この記事では、ヘルプマークにはどんな意味や役割があるのか、どこでもらえるのか、どうやって使えばいいかなどを解説しています。

そもそもヘルプマークって何?

ヘルプマークは「外からでは見えない障害がある」ということを知らせるためのマークです。

例えば、車いすや松葉づえを使っている人は「足に障害がある」「歩くことが困難だ」とみればわかります。ところが、発達障害やうつ病などは目には見えません。なので、「何か困っていることがある障害者」なのか、「健常者」なのかがわからないのです。

そこで、いざというときに助けてもらえないと困りますので、そういう時のために携帯することが進められているのです。

ヘルプマークはどこでもらえるの?

地域によって異なりますが、ヘルプマークは各市町村の役場・市役所で無料で交付されています。

私がヘルプマークをもらったところでは、一応書類に名前やどういう障害でヘルプマークを希望するのかなどを記入しましたが、手続き自体は何も難しいことはありませんでした。細かな審査みたいのもありませんでした。

ヘルプマークの上手な使い方

しかし、ヘルプマーク自体には「どんな症状があるのか」「何でこまっているのか」などの情報は一切書いてありません。なので、これだけを持ち歩いていても、もし街中でパニック発作が起き、倒れたとしても、周りの人は何で倒れたかまではわからないのです。「何かあるんだな」としかわからないのです。

だから、怖がられているのかもしれませんね。

では、どうすればいいでしょうか。それは「具体的な困りごと」を書いたメモなんかを貼っておくこと。こうすれば、いざというときに役に立ちます。

ヘルプマーク以外のマークはどんなものがあるの?

ヘルプマークを始め、いくつものマークが存在しますが、まだまだ認知されていません。

そこで日本にはどんなマークがあるのか、調べてみました。

障害者に関係するマークの一例 - 内閣府
内閣府政策統括官(共生社会政策担当)の障...

実は、10種類以上あるんですね!これ以外にも、マタニティマークとかもありますし。

まとめ

最後に、今回のポイントを復習します。どれも基本事項ですので覚えておきましょう。

ポイント

  • ヘルプマークは「見えない障害がある」ことを周知するマーク。
  • ヘルプマークは市役所・町村役場で無料交付されている。
  • 単体ではなく、メモなどと一緒に持ち歩く。
  • ヘルプマーク以外にも10種類のマークがある。