告白するだけでハラスメント?話題の「コクハラ」って何?

ハートの画像

先日、Twitterのトレンドで「コクハラ」なる言葉が挙がっていました。

だっち~
だっち~

コクハラってなんぞや???

コクハラとは、「告白ハラスメント」の略で、脈ナシの相手に告白されること

らしいです。

ただ、この表現では誤解を生みそうですが、Twitterの反応を見る限り、普通の告白であればコクハラにはならなさそう。

要するに、伝え方とかアプローチの仕方しだいでコクハラになるということでしょう。

どんな告白がコクハラになるのか、いくつか考えてみました!

コクハラになる告白の仕方 5選

断固拒否

罰ゲームで告白

好意がないにもかかわらず、罰ゲームで告白すること。

相手を欺いて、嘘をつくことになるので当然アウトですね。

深い関係でもないのに急に告白

深い関係でないにも関わらず、いきなり告白するのも、告白される側が戸惑ってしまうためNG。

普段の会話から、ある程度関係を深めてから告白するのがベストです。

だっち~
だっち~

マンガがアニメによく出てくる「友達になってください」はいいのかな?

すでにパートナーがいるのに、何度も告白される

相手側にすでにパートナーがいるのに、しつこく告白するのも相手が戸惑うためNG。

断りにくい環境で告白

断りにくい環境での告白。最も線引きが難しい物の一つです。

だっち~は、告白するタイミングやシチュエーションまでハラスメントにしてしまうのはいかがなものかと思っております。

ストーカー化する

告白ではありませんが、フラれた後ストーカー行為をするのは犯罪ですので当然アウト。

潔く諦めるか、諦められなくても相手に迷惑をかけないようにしましょう。

まとめ

シーソーの画像

私は、生きづらさはトレード・オフの関係にあると思っています。片方が生きやすくなれば、反対に生きづらくなっている人もいます。

「生きづらい!」と声を上げられるようになったこと自体は良いことですが、一方的に主張するのはナンセンスです。色々な立場の意見を聞き入れる心の余裕が持ちたいものですね。

こちらの記事も合わせてチェック!